SEのための独立支援研究所

フリーランスシステムエンジニアの開業準備あれこれ

- 新着記事 -

カテゴリー

開業準備でやること

開業準備でやること


開業に必要な二つの書類

フリーランスのシステムエンジニアになることを決めたら、開業準備をしなければなりません。開業する際には、「個人事業開廃業届書」や「事業開始申告書」を用意して届け出ることになっています。まず、前者は税務署に対して事業を始めるということを伝えるための届出であり、一枚の簡単な書類を改行して1か月以内に届け出ることになります。次に、後者は税務署と市区町村の役場に対して事業の開始を伝える届出であり、開業してから15日以内に届け出ることとされています。税務署と市区町村役場に届け出る事業開始申告書については、事業の開始時には提出しないことが多くなっているそうです。なぜならば、この書類は所得が290万円を超えて個人事業税が発生する場合に提出することになっていますが、最初はそこまでの所得がないことが多いからです。

開業届に項目がある「屋号」とは?

開業する際に必要な書類を見てきましたが、最初に紹介した「個人事業開廃業届所」については、住所、氏名、生年月日、電話番号などの情報に加えて、「屋号」を記入する項目が含まれています。この「屋号」というのは、事業を行う人がどのような名前でフリーランスとして活動していきたいかという名前のことを指します。つまり、今後どのように名乗って仕事をするかを「屋号」として届出ることができるというわけです。屋号は、必ずしもこうやって付けなければならないという決まりはありません。そのため、基本的には自分の好きな名前を自由に考えて届け出ることができます。ですが、当たり前のこととして相手を嫌な気持ちにさせる屋号を付けない等の基本的なルールは守るようにしましょう。仕事をしていると、屋号を聞いた相手がそれにどのような意味があるのかと興味を持ってくれることがあります。そこから話題を広げることができるため、屋号をしっかりと考えることは大切です。

健康保険の変更を忘れると請求額が高額に

開業する際には、国民健康保険への加入を忘れないことも大切です。会社員として働いている時は、会社が自分の代わりに健康保険の手続きをしてくれていました。しかし、フリーランスとして仕事をして生活していこうとなると、会社で入っていた健康保険のままで居続けることはできないため、国民健康保険に加入する必要があるのです。会社を退職する際には、必ず会社から「健康保険資格喪失証明書」という書類を貰います。この書類を持って住民票のある役所へ行き、退職後14日間の間に変更の手続きを済ませることになります。もし変更する期間を過ぎてしまった場合に病院にかかってしまうと、保険が適用されないということで高額の医療費が請求されることになるので注意しましょう。

最近の記事

【確定申告が面倒】

システムエンジニアとして独立をすると、会社員時代とは違って自分で確定申告をしなければなりません。この記事では青色と白色の確定申告の違いについて詳しく解説して、どちらをどのタイミングで採用するとお得なのかも説明します。確定申告はとても面倒な作業なのですが、幸い今は利用者のニーズに合わせた会計ソフトが市場に色々と出回っています。システムエンジニアの間では、確定申告を会計ソフトで行うのが主流のようです。 続き

【仕事が取れるか心配】

フリーランスのシステムエンジニアにとって一番の心配事は、やはり仕事が取れないことではないでしょうか。会社員時代では当たり前のように仕事があったとしても、フリーランスになった途端に自分で仕事を探さなければなりません。エンジニアとして仕事を取る際にホームページやチラシの作製を行ってもあまり効果は見込めないようですが、案件紹介サイトへの登録から仕事を請け負っているフリーランスのエンジニアは多いようです。 続き

【開業準備でやること】

フリーランスのシステムエンジニアになるならば、慌てて独立するのではなく開業の準備をしておきましょう。事前に準備すべきことを把握することで、スムーズにフリーランスとしての人生を歩むことができます。ここでは、個人事業開廃業届書と事業開始申告書という開業に必要な書類についてと、事前に決めておくべき屋号や健康保険の変更について紹介します。特に健康保険の変更を忘れてしまうと高額な請求が発生しますので要注意です。 続き

おすすめの記事

【モチベーション管理が大変】

モチベーションを維持することはとても難しいことではありますが、フリーランスのシステムエンジニアに転身するのであればモチベーションの管理をすることは非常に重要になります。フリーランスは、自分の生活状況に合わせながら仕事の量を調整することができます。つまり、仕事をやるかやらないかは自分の気持ち次第ということです。自分の気分で仕事の契約をするかどうかを決めることはできますが、仕事をしなければ収入が得られないので家計が苦しくなります。そのため、モチベーションをいかにして管理するかが重要なのです。 続き

【フリーランスの平均年収】

現在システムエンジニアとして会社で働いている人の中には、システムエンジニアの平均年収に満たない年収で働いている人もいると思います。もし、年収をアップさせたいと考えているのであれば、フリーランスになって仕事をすると良さそうです。フリーランスになったことで年収を1.5倍にすることができたという話もありますし、自分の働いた分だけ報酬が得られるところが魅力的です。仕事を自分で調節できるので、自分で働きたいと思った分だけ働くことができます。会社のように残業がなくなるところも魅力的です。 続き

【会社員のうちにしておくこと】

フリーランスとして独立してしまうと、仕事に追われてやりたいと思っていた作業ができないことがあります。例えば、自社のサイトの作成や名刺作成などです。また、フリーランスは収入が不安定な職種ということで、会社員のうちに賃貸契約などのお金が関わる契約を済ませておくことも大切です。その他にも、会社員のうちに独立したい旨を宣言しておくことや、事業主の目線で自分の勤める会社を見て参考にすることも必要になります。 続き

TOP