SEのための独立支援研究所

フリーランスのシステムエンジニアとして独立!退職前にしておく準備とは?

- 新着記事 -

カテゴリー

会社員のうちにしておくこと

会社員のうちにしておくこと


不安定な収入になる前に金銭が絡む契約を

会社員からフリーランスのシステムエンジニアになる場合には、後から困らないようにあらかじめやっておくべきことがあります。ここで紹介するものは全員が必ずやっておかなければならないというものではありませんが、なるべく手を付けておくことをお勧めします。まずは、クレジットカードの発行や賃貸契約、ローンを組むことなどです。フリーランスは、会社員に比べると、収入が不安定ということがあって社会的な信用があまりありません。例えば賃貸住宅を借りる場合には、家賃を毎月払ってくれる人なのかどうかが非常に重視されます。つまり、フリーランスだと毎月必ず一定の収入が入ってくるわけではないので、借りられないことがあるのです。そのため、このような安定した収入があることが求められるものについては、会社員のうちに手続きを済ませておくことが大事になります。

無駄な時間を作らないためにツール作成を

次に、自社のサイトや名刺などの、独立して仕事をしていく上で必要になる様々なツールの作成もあらかじめしておくと楽になります。フリーランスとして実際に仕事を始めると、どうしても仕事を取ってきてそれを納期までに仕上げるということに時間が取られてしまって、このようなツールの作成にはあまり時間を割くことができません。また、自社サイトなどを作るという行為は仕事ではないため、それによっては収入を得ることができず、労力を無駄に費やしたということになってしまうのです。そのため、会社員として働いているうちに、後からちょっとした赤字を生まないために必要と思われるツールは作っておくようにしましょう。

周りへの宣言をすることも忘れずに

他にも、フリーランスになる前に独立することを周りに伝えておくことも大事です。独立すると口に出すことで、「自分は本当にフリーランスになるのだ」という気持ちを持つことができます。また、独立を宣言することは、周りからの応援を得ることにも繋がります。例えば、「この仕事をやってみませんか」と話を持ちかけられることもあるでしょうし、色々な人と交流して人脈を増やすことができるかもしれません。会社員であれば、勉強会や交流会に参加した時にそこで宣言して周りに知らせるという方法を取ることができます。

退職前に個人事業主の目線で会社を見ること

最後に、独立する前に会社に勤めているからこそできる事前準備として、「事業主の視点で会社全体を見回しておく」というものがあります。個人事業主になるということは、自分が会社を経営するのと同じようなことです。そのため、会社が行っている契約の仕方や資料のフォーマット、利用しているツールなどを事業主の視点で見ておくことは非常に重要になります。「自分が独立したら、今の会社でやっていたこの部分はこうしたい」という考えを持っておくことで、独立してからどうやって仕事をすれば良いかで悩むことが少なくなるのです。

最近の記事

【確定申告が面倒】

システムエンジニアとして独立をすると、会社員時代とは違って自分で確定申告をしなければなりません。この記事では青色と白色の確定申告の違いについて詳しく解説して、どちらをどのタイミングで採用するとお得なのかも説明します。確定申告はとても面倒な作業なのですが、幸い今は利用者のニーズに合わせた会計ソフトが市場に色々と出回っています。システムエンジニアの間では、確定申告を会計ソフトで行うのが主流のようです。 続き

【仕事が取れるか心配】

フリーランスのシステムエンジニアにとって一番の心配事は、やはり仕事が取れないことではないでしょうか。会社員時代では当たり前のように仕事があったとしても、フリーランスになった途端に自分で仕事を探さなければなりません。エンジニアとして仕事を取る際にホームページやチラシの作製を行ってもあまり効果は見込めないようですが、案件紹介サイトへの登録から仕事を請け負っているフリーランスのエンジニアは多いようです。 続き

【開業準備でやること】

フリーランスのシステムエンジニアになるならば、慌てて独立するのではなく開業の準備をしておきましょう。事前に準備すべきことを把握することで、スムーズにフリーランスとしての人生を歩むことができます。ここでは、個人事業開廃業届書と事業開始申告書という開業に必要な書類についてと、事前に決めておくべき屋号や健康保険の変更について紹介します。特に健康保険の変更を忘れてしまうと高額な請求が発生しますので要注意です。 続き

おすすめの記事

【モチベーション管理が大変】

モチベーションを維持することはとても難しいことではありますが、フリーランスのシステムエンジニアに転身するのであればモチベーションの管理をすることは非常に重要になります。フリーランスは、自分の生活状況に合わせながら仕事の量を調整することができます。つまり、仕事をやるかやらないかは自分の気持ち次第ということです。自分の気分で仕事の契約をするかどうかを決めることはできますが、仕事をしなければ収入が得られないので家計が苦しくなります。そのため、モチベーションをいかにして管理するかが重要なのです。 続き

【フリーランスの平均年収】

現在システムエンジニアとして会社で働いている人の中には、システムエンジニアの平均年収に満たない年収で働いている人もいると思います。もし、年収をアップさせたいと考えているのであれば、フリーランスになって仕事をすると良さそうです。フリーランスになったことで年収を1.5倍にすることができたという話もありますし、自分の働いた分だけ報酬が得られるところが魅力的です。仕事を自分で調節できるので、自分で働きたいと思った分だけ働くことができます。会社のように残業がなくなるところも魅力的です。 続き

【会社員のうちにしておくこと】

フリーランスとして独立してしまうと、仕事に追われてやりたいと思っていた作業ができないことがあります。例えば、自社のサイトの作成や名刺作成などです。また、フリーランスは収入が不安定な職種ということで、会社員のうちに賃貸契約などのお金が関わる契約を済ませておくことも大切です。その他にも、会社員のうちに独立したい旨を宣言しておくことや、事業主の目線で自分の勤める会社を見て参考にすることも必要になります。 続き

TOP