SEのための独立支援研究所

システムエンジニアも独立したら確定申告が必要です

- 新着記事 -

カテゴリー

確定申告が面倒

確定申告が面倒


確定申告というデメリットがある

フリーランスとして独立するということは、会社員だったころに会社がやってくれていたことも含めて全てを自分でやらなければならないということです。その中でも、特に大変なのが「確定申告」です。フリーランスで働くということは、毎年一回確定申告をしなければなりません。収入がゼロだったとしても行わなければならないということなので、フリーランスにとってはかなり大変な作業であると言えます。確定申告は白色と青色の二種類があり、フリーランスはどちらか好きな方を選ぶことができます。
まず、白色については、控除額は少ないものの手続きの内容もあまり大変ではない確定申告の方法です。控除額が少ないということは、収入が少ない人の方がこちらに向いているということになります。もし収入が多ければ、控除額が少ないので高い税金が課せられることになってしまいます。次に、青色は手続きが大変ではあるものの、その分控除額が大きくなるというものです。そのため、収入が多い人は青色申告をした方が無駄に多くの税金を払わなくて良くなります。フリーランスになった一年目は、そこまで稼ぎも多くないことがほとんどでしょうから、最初は白色にしておいて、二年目以降から青色にするのが良いと考えられます。

会計ソフトと経費について

フリーランスになったら、まずは確定申告に向けて会計ソフトを購入するところから始めると良さそうです。会計ソフトはパッケージタイプの製品からダウンロードして使う物まで、利用者のニーズに合わせて様々な製品が存在しています。手書きで売り上げの管理をするよりもかなり短い時間で楽にできるので、なるべく購入しておきたい商品です。会計ソフトの次に問題になるのは、経費をどれだけ落とすことができるかという問題です。経費を出すのが面倒だという理由で売上を全て計上する人が時々いますが、それはかなり損をしていることになるのでやめた方が良いです。経費として落とすものがあれば、それについてのレシートや領収書を取っておかなければなりません。レシートや領収書は、いつ何を買ったのかを証明するためには欠かせないアイテムです。普段からレシートや領収書の管理をしておくことで、確定申告の手続きや準備をスムーズに進めることができるようになります。経費については、何でも経費として落とすことができるわけではないため、しっかりと見極める必要があるのですが、中には判断が難しいものもあるでしょう。そのような場合には、税理士に相談をして不明点をなくすようにすることが大事です。また、わざわざ税理士に直接連絡を取らなくても、税務署が行っている記帳指導制度などを利用すれば、無料で色々な知識を教えてくれます。フリーランスになりたての人は特に利用してもらいたい制度です。

最近の記事

【確定申告が面倒】

システムエンジニアとして独立をすると、会社員時代とは違って自分で確定申告をしなければなりません。この記事では青色と白色の確定申告の違いについて詳しく解説して、どちらをどのタイミングで採用するとお得なのかも説明します。確定申告はとても面倒な作業なのですが、幸い今は利用者のニーズに合わせた会計ソフトが市場に色々と出回っています。システムエンジニアの間では、確定申告を会計ソフトで行うのが主流のようです。 続き

【仕事が取れるか心配】

フリーランスのシステムエンジニアにとって一番の心配事は、やはり仕事が取れないことではないでしょうか。会社員時代では当たり前のように仕事があったとしても、フリーランスになった途端に自分で仕事を探さなければなりません。エンジニアとして仕事を取る際にホームページやチラシの作製を行ってもあまり効果は見込めないようですが、案件紹介サイトへの登録から仕事を請け負っているフリーランスのエンジニアは多いようです。 続き

【開業準備でやること】

フリーランスのシステムエンジニアになるならば、慌てて独立するのではなく開業の準備をしておきましょう。事前に準備すべきことを把握することで、スムーズにフリーランスとしての人生を歩むことができます。ここでは、個人事業開廃業届書と事業開始申告書という開業に必要な書類についてと、事前に決めておくべき屋号や健康保険の変更について紹介します。特に健康保険の変更を忘れてしまうと高額な請求が発生しますので要注意です。 続き

おすすめの記事

【モチベーション管理が大変】

モチベーションを維持することはとても難しいことではありますが、フリーランスのシステムエンジニアに転身するのであればモチベーションの管理をすることは非常に重要になります。フリーランスは、自分の生活状況に合わせながら仕事の量を調整することができます。つまり、仕事をやるかやらないかは自分の気持ち次第ということです。自分の気分で仕事の契約をするかどうかを決めることはできますが、仕事をしなければ収入が得られないので家計が苦しくなります。そのため、モチベーションをいかにして管理するかが重要なのです。 続き

【フリーランスの平均年収】

現在システムエンジニアとして会社で働いている人の中には、システムエンジニアの平均年収に満たない年収で働いている人もいると思います。もし、年収をアップさせたいと考えているのであれば、フリーランスになって仕事をすると良さそうです。フリーランスになったことで年収を1.5倍にすることができたという話もありますし、自分の働いた分だけ報酬が得られるところが魅力的です。仕事を自分で調節できるので、自分で働きたいと思った分だけ働くことができます。会社のように残業がなくなるところも魅力的です。 続き

【会社員のうちにしておくこと】

フリーランスとして独立してしまうと、仕事に追われてやりたいと思っていた作業ができないことがあります。例えば、自社のサイトの作成や名刺作成などです。また、フリーランスは収入が不安定な職種ということで、会社員のうちに賃貸契約などのお金が関わる契約を済ませておくことも大切です。その他にも、会社員のうちに独立したい旨を宣言しておくことや、事業主の目線で自分の勤める会社を見て参考にすることも必要になります。 続き

TOP